廣瀬光伸が行っている体が柔らかくなるストレッチ方法

woman-1536747__180

ダンスを行っていて上達したいと考えているのであれば、体を柔らかくしたい!と思うでしょう。
体が柔らかくなるとダンスの様々な技を繰り出しやすくなりますし、社交ダンスにおいても体の柔軟性はとても大切な要素になってきます。
恐らく体の柔軟性があまりなくて体が固い人は、踊りにくさを実際に感じているかもしれませんし、社交ダンスですとそれがパートナーにも伝わっているかもしれません。
廣瀬光伸氏も柔軟性を高めたいと考えているのではないでしょうか。

早く上達したいという思いがあり、体を柔らかくするのであれば、ストレッチが欠かせません。
ストレッチは柔軟性を高めるためにとても有効ですし、これをしっかりと行っていると無用な怪我も防ぎやすくなるでしょう。

体が柔らかくなるストレッチでまず行いたいのは、腰や股関節部分の柔軟性をアップさせられるストレッチです。
まずは腰のストレッチですが、適度な高さの椅子を用意して座面の上に片方の足を乗せます。
恐らくこの時点で腰をはじめ足の筋肉が伸びているはずです。
注意点としてつま先を上に向けるように意識してくださいね。
また両方の手を椅子の上に乗せている方の足の膝部分に置きます。

その後は椅子の上に乗せている足の小指を片手を使って天井方面に向かって引っ張ってください。
この状態を1分程度保つことによってストレッチ効果を得られます。
もちろん片足だけではなくて両足とも行うことが大事ですし、1回きりではなくて定期的に行うようにしてください。
はじめは少し辛いかもしれませんが、徐々に慣れてきますし、ストレッチ効果によって体が柔らかくなりますので、自分自身大きな違いを実感することになるはずです。

そして股関節に効果的なストレッチですが、とても簡単にできる方法があります。
まずはあぐらをかく感じで座って、両方の足の裏を合わせてください。
この場合、背中が丸くなってしまうかもしれませんが、しっかりと伸ばすように注意してくださいね。
この状態で膝を上下に動かすことで股関節のストレッチになりますが、大体1回につき20回程度行うべきでしょう。
もちろんこのストレッチに関しても定期的に続けることによって、体を柔らかくすることができるでしょう。

体が柔らかくなると、それによってダンスが踊りやすくなりますので、廣瀬光伸氏もこれらのストレッチ方法を実践しているかもしれません。
まずは無理のない範囲で続けてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>